ガジェット ライフハック

BTOvs自作PC 結局安いのはどっち?

更新日:

どうもmatchaです

私のPCはもう購入して4年目を迎えようとしています

グラボを変えたりしてなんとか命をつないでいますが、そろそろ最新スペックなつよつよPCが欲しいわけです

 

4年前に購入したPCはBTO、Build To Order。いわゆる受注生産のPCです

グラボ変えるのもためらっていた私が自作PCを作れるわけがないです。まあ、そこまで難しくはないだろうけど

 

BTOは、自作PCのように組み立てる必要がありません。その手間と時間を金で買っているわけです

しかし、どれだけの差額があるのか、少し気になったので調べてみました

 

【中スペ】量産BTOvs自作PC

量産BTO、すこし矛盾していますが説明しましょう

BTOのメリットの一つに、カスタマイズができる。という点があります

基本構成からもっとグレードアップをしたいのなら、より高性能なパーツを選択することもできます

 

しかし、それでは完全な受注生産なので、店舗側は「在庫」を確保できないのです

なので、ドスパラなどでは量産できるBTOパソコンを用意しているわけです

このガレリアというPCはドスパラで購入できます

カスタマイズ性は低いですが、普通にゲームができるぐらいのスペックです

構成は以下のとおりです

 

ケースゲームマスター専用 GKMミニタワーケース
CPUインテル Core i5-8400 プロセッサー
GPUNVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD 500GB SSD
HDD1TB HDD
マザーボードインテル H370 チップセット マイクロATXマザーボード
電源オウルテック 80PLUS BRONZE
OSWindows 10 Home 64bit
キーボードキーボード GALLERIA Gaming Keyboard
マウスマウス Galleria専用 レーザーマウス ブラック (レーザー式5ボタン)

 

まあ、俗に言う中スペPCですね。動画編集する人や、スペックに拘る人にはすこし物足りないかもしれません

 

では、このPCを自作した時の金額をおおよそですが考えていきます

(時期やセールによって価格は異なります)

 

CPU…24,980円

ガレリアにはCPUはInterのCore i5-8400が搭載されています

 

 

Amazonでは27,250円

ツクモでは26,978円

パソコン工房では26,978円

とツクモ、パソコン工房で一番安く購入できます

 

しかし、Core i5-9400Fという、後継モデルはAmazonで22,925円で購入できます。なんでや

もちろん性能はi5-9400Fの方が良いです。

 

今回は、ガレリアのスペック通りに計算したいので、パソコン工房の26,978円を採用します

(全部税込みです)

 

GPU…19,980円

ガレリアはNVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GBを搭載しています

 

 

GPUは多くのメーカーが出していますが、基本的にスペックは変わらないはずなので今回は気にしません

 

 

Amazonでは玄人志向 GEFORCE GTX 1050Tiが17,820円

ツクモではASUS GTX1050TIが23,738円

パソコン工房では同じくASUS GTX1050TIが19,980円

と、Amazonが17.820円で一番安いですね

 

メモリ…5,981円

メモリはDDR4の4GB×2で8GB。動画編集する人や、何かしら重い作業をするのには向いてませんね

 

Amazonではシリコンパワー DDR4-2400 4GB×2枚が6,980円

ツクモではCORSAIR DDR4 LPX Series 4GB×2枚が7,538円

パソコン工房ではG.SKILL  DDR4 4GB×2枚が5,981円

と、またもやパソコン工房が5,981円で一番安いです

SSD…6,980円

ガレリアには500GBのSSDが搭載されています。

 

余談ですが、SSDやHDDなどの記憶媒体って日に日に安くなっていきますよね。いい時代になったものです

 

Amazonではシリコンパワー SSD 512GBが6,980円

ツクモでWestern Digital SSD 500GBが8,682円

パソコン工房ではSanDisk SSD 500GBが8,337円

と、Amazonが6,980円で安いです

ほんと安いな…

 

HDD…4,879円

ガレリアは1TのHDDも搭載されています

個人的には足りなさそうなのですが、そこは置いておきましょう

 

AmazonではWestern Digital HDD 1TBが4,879円

ツクモでは同じくWestern Digital HDD 1TBが4,892円

パソコン工房でも同じく、Western Digital HDD 1TBが4,880円

 

差はそれほどありませんが、一番安いのはAmazonで4,879円でした

 

マザーボード…9,396円

ガレリアのマザーボードはH370。前述したi5-9400Fを乗っける際は、BIOSのバージョンに気をつけましょうね

できれば9400Fにも互換があるZ390以降のグラボが欲しいですが、ここではH370でいきます

 

AmazonではASUS Intel H370が12,980円

ツクモではASUS PRIME H370が14.018円

パソコン工房ではMSI H370Mが9,396円

microATXは拡張性が悪いですが、上のような構成だったらあまり気にすることはないですね

 

一番安いのはパソコン工房で9,396円です

 

電源…4,117円

ガレリアの電源はオウルテックの500W 80PLUS BRONZEです(もしかしたらDELTAかもしれないけど)

 

Amazonではオウルテック 80PLUS BRONZE 500Wが4,117円

ツクモではThermaltake SMART 500W STANDARDが5,918円

パソコン工房では玄人志向 KRPW-N500Wが4,526円

と、一番安いのはAmazon。価格は4,117円でした

 

OS…15,729円

OSはWindows 10 Home 64bitです。

OSは色々な方法でゲットできると思いますが(オークションサイトや中古PCから)

今回は一応公式販売している所から購入すると想定します

 

Amazonではwin 10 homeが15,729円

ツクモはDSP(抱き合わせ販売)でしか販売されておらず、価格は不明です

パソコン工房は15,800円

こちらも、DSP版の販売があるので、HDDとかと一緒に買えば安くなりますね

 

とりあえず、今回はAmazonのwindows 10 Homeで。価格は15,729円です

 

キーボード、マウス…3,299円

ガレリアにはキーボードとマウスも付いてきます。良いサービスですね

GALLERIA Gaming Keyboardというゲーミング仕様のキーボードが付いてくるそうです

というわけで、同じようなキーボードとマウスを探しましょう

 

AmazonではHAVITというメーカーがゲーミングキーボードとマウスをセットで、3,299円で販売しています

この価格帯はあまりいい噂は聞きませんが、最初に使う分には問題ないでしょう

 

マウスとキーボードは消耗品です

 

ケース…4,399円

最後にケースです。

ガレリアは専用のGKMミニタワーケースが使われています

これも似たようなケースを探してみます

 

AmazonではThermaltake Versa H26が4,399円

ツクモでは同じThermaltake Versa H26が4,946円

パソコン工房ではCorsair Carbide 100Rが5,870円

となっています

 

一番安いのはAmazonで4,399円です

パーツ代は合計で…?

パーツ代は合計で…97,580円!

レガリアは合計で129,800円なので、自作で作ったほうが安く済みます

その差額は31,950円!結構大きい額ですね

 

手間賃だと思えばBTOも悪くない

こういって、パーツを一つ一つ調べて揃えて、組み上げる。というのが面倒だ。って言う人も多いと思います

私もそのタイプで、BTOでPCを購入しました

今でも普通に使えてますし、保証もあるので信頼性は高いです。

あと配線がキレイです。不器用な人もBTOをオススメします

 

まとめ

別に最初から自作しなくても、BTOで基本構成だけ組んでもらって後々自分でカスタマイズする。なんてやり方もできます

でも自作PCだと差額でもっと良いパーツ変えますからねぇ。そこは悩みどころですね

私は不器用なので、多分次のPCもBTOですけどね

 

 

 

-ガジェット, ライフハック

Copyright© あんぐらわーるど , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.